伝統的な沖縄料理

豚肉を使った沖縄の伝統料理

沖縄は本州よりも高い気温や中国との交流により、独特の食文化が花開きました。特に豚肉を使った料理が多く見られるのが特徴です。豚肉料理は中国からの使者をもてなすためにも盛んになりました。ラフテーは中国のトンポーローの影響から生まれた琉球王国の宮廷料理です。豚の三枚肉を使用した余分な脂を落としながらじっくりと煮込む料理で、肉が非常に柔らかくほろほろとした食感が特徴です。現在でも伝統料理として親しまれており、正月やお盆などの日に食べられます。また、ミミガーは豚の耳を用いた料理です。細切りにした耳を茹でたり、蒸したりしたものを酢や味噌、ピーナッツバターなどで和えて食べます。軟骨のようなコリコリした食感で、コラーゲンが多く含まれていることから美容にも良いとされています。

沖縄に行ったら食べたい伝統料理

沖縄には豆腐を用いた料理が多く、その中の一つがチャンプルーです。チャンプルーとは沖縄の言葉でごちゃまぜを意味しており、豆腐と季節の野菜を炒めて、卵でとじた料理です。中心となる食材を頭に付けて呼ぶことが多く、特にゴーヤチャンプルーは全国的に有名です。沖縄そばはそば粉を使わず、中華麺のような小麦粉から作られた麺を用いた料理です。中国の使者のために作られたという説がありますが、一般的に広まり始めたのは明治時代の頃です。豚骨や鰹だしから取った澄んだ色のスープに、三枚肉やかまぼこなどの具が乗っています。石垣島などの八重山地方では、縮れのない細いストレート麺を用いた八重山そばが食べられています。スープは同じですが、豚の細切れが具として乗っているのが特徴です。