誰もが楽しめる海水浴

子供も楽しめる沖縄のビーチ

沖縄本島には各地にビーチが点在しています。どこのビーチも海の透明度が高くて、遠浅なので小さな子供でも楽しむことが出来る海水浴場となっています。浅瀬ではシュノーケリングをしたり、泳いだりと安全に海を楽しめるのです。沖縄本島の中心エリアにある海水浴場は、観光客が多くて賑わっています。海水浴場の規模も大きいので、シーズンになると大勢の人がやってきます。北部へ行くと観光客にはあまり知られておらず、地元の人しかしならない穴場の海水浴場があります。中部エリアよりも海の透明度が高く、人が少ないので静かに海を楽しみたいのであれば、少し足を伸ばしてでも行く価値があるビーチです。沖縄本島には130以上もビーチがあるのでお気に入りを探してみてはどうでしょう。

高級ホテルに泊まってプライベートビーチで泳ぐ

せっかくリゾートを訪れたのだから、人が少ないビーチでのんびりと過ごしたいという人もいるでしょう。そんな方におすすめなのが、高級リゾートホテルの宿泊客のみが利用できるプライベートビーチです。ホテルの真ん前に面していて、ホテルに泊まっている人しか利用することができないビーチです。そのため、規模の大きな海水浴場に比べて圧倒的に人が少なく、静かな海でのんびりすることができます。ホテルではビーチパラソルやリクライニングチェアを貸し出していて、本を読んだり昼寝をしたり上質な時間を過ごせます。沖縄全土にはいくつものビーチが点在していますが、プライベートビーチは利用者が限られるので、喧騒とは無縁の世界が広がっています。

与論島ってどこ?と思うもしれませんが、鹿児島県奄美諸島の島です。沖縄にも勝るとも劣らない美しい海があり、与論島の旅行は秘かに人気があります。観光客の多い沖縄とは違い与論島では静かな海を満喫できます。